宅地開発に基づく「条例」

「条例」とは、宅地開発において、近隣周知を目的とし、現地に看板を設置し、近隣に対し説明等を行うものです。
また、各県、各市、各町、各村により内容等は違いがあるものの概ね500㎡以上に抵触するものです。

(例)
事前相談 → 事前相談書提出 → 看板設置 → 近隣周知説明 → 各部局調整(申請) → 承認書提出 → 都市計画法32条協議 → 都市計画法29条 → 開発行為(許可申請を取得)

ページトップへ